赤緑猫

名古屋グランパスとFC岐阜と猫と

2018.6.17 FC岐阜vs町田ゼルビア

世間がW杯で盛り上がる中、J2は中盤戦真っ只中。 FC岐阜はクラブ史上初の5連勝をかけて町田ゼルビアと対戦。 かたや4連勝中。かたやここ8試合で1敗のみと好調同士の好ゲームを期待したが、岐阜の完敗に終わった。 スコアこそ0-1だが、被シュート19本、コーナ…

2018.5.26 FC岐阜vsアルビレックス新潟

5月6日の松本戦で、昨年9月以来のホーム戦勝利を挙げたFC岐阜。 首位の大分には惜敗したものの内容では上回っており、この勢いが一時的なものではないことを、前節アウェイ大宮戦で証明してみせた。 今日ホームに迎えたのはユニフォームが「半分、青い。」ア…

2018.4.15 FC岐阜vs徳島ヴォルティス

懸念していた天候も急速に回復し、絶好の観戦日和となった今日、長良川競技場に迎えたのは徳島ヴォルティス。どちらもポゼッション指向のチームとあって、雨上がりのボールスピードが落ちにくいコンディションは願ってもないところ。両チームとも実力を遺憾…

2018.4.8 東京ヴェルディvsFC岐阜

第8節にしてようやく今シーズン初観戦のFC岐阜は、アウェイ東京ヴェルディ戦。 ここまで無敗の手強い相手。 最大収容人数5万人弱を誇る味の素スタジアムだけに、3,169人の観客数は寂しさが目立つ。

2018.3.7 名古屋グランパスvs浦和レッズ

昨年一年間、常にピンと糸の張り詰めた、負けられないリーグ戦42試合を経験しただけに「何が何でも勝ち点3!!」という雰囲気ではないこの日はなんだかフワフワしていたように思えた。 「ターンオーバーだし」 「ユースが3人いるし」 「Jリーグ未経験者が4…

2018.2.24 ガンバ大阪vs名古屋グランパス

名古屋グランパスがJ1の舞台に帰ってきた。 失意のJ2降格、苦難のJ2リーグ戦、そして歓喜のプレーオフを経て、いよいよ2018年は再びJリーグのトップを狙う。 対戦相手はJ1昇格した2014年に三冠を達成したガンバ大阪。 当時はJ1のクラブとして悔しさばかりだ…

「Jリーグマスコット総選挙2018」グランパスくん、センター獲得 !!

を記念して過去のグランパスくんファミリーの写真を。 2016.10.1名古屋グランパスvsアビスパ福岡 2008.6.28名古屋グランパスvs鹿島アントラーズ

2017.12.3 名古屋グランパスvsアビスパ福岡

​ 「395日」 J2降格が決まった2016年11月3日から、長く険しい日々を積み重ねてきた。 フロント内での権力争い、選手の流出、補強バランスの偏り・・・、オフは全く先の見えない状態でスタートした。 それでも、佐藤寿人の加入、玉田圭司の復帰、そして風間八…

2017.11.26 名古屋グランパスvsジェフユナイテッド千葉

「三度目の正直」成る。 プレーオフ準決勝、リーグ戦を3位で終えた名古屋グランパスはパロマ瑞穂陸上競技場に6位のジェフユナイテッド千葉を迎えた。 全42節を戦って、勝ち点の差は7。ホームで戦える。引き分けでも決勝へ進出できる。 それでも正直不安はか…

2017.11.11 名古屋グランパスvsジェフユナイテッド千葉

猛犬の檻に閉じ込められた。 28,697人が集まり、名古屋ホームの大声援で千葉を圧倒し、暫定2位浮上で夜の長崎にプレッシャーを与えるはずだった。 しかし千葉のハイラインによる狭いゾーンにハメこまれ、ショートパスを繋げない。

2017.10.1 FC岐阜vs名古屋グランパス

久しぶりのサッカー観戦は名岐ダービー。 前回の対戦は岐阜が一方的に支配するも、CKからの一発で名古屋が追いつきドロー。 akamidorineko.hatenablog.com あれから7ヶ月弱。かつてないほどの圧倒的なポゼッションサッカーでJ2に驚きをもたらし続けてきた両…

2017.8.20 名古屋グランパスvsアビスパ福岡

ガブリエル -(ヘブライ語: גַברִיאֵל、アラビア語: جِبرِيل)は旧約聖書『ダニエル書』にその名があらわれる天使。ユダヤ教からキリスト教、イスラム教へと引き継がれ、キリスト教ではミカエル、ラファエルと共に三大天使の一人であると考えられている(wik…

2017.8.2 名古屋グランパスvsヴァンラーレ八戸

止まっていた時計が動き出した。 7月12日、雷雨により後半20分で中止になった名古屋グランパスvsヴァンラーレ八戸の再開試合。 スタジアムに到着すると、試合開始前だが時計は20分を指していた。 八戸が得点をあげない限り、たった25分しか行われない試合に…

2017.7.22 FC岐阜vs町田ゼルビア

FC岐阜がJ2に参入して10年。他のクラブがずっと羨ましかった。 成績や選手層、観客数やクラブの設備のことではない。 毎年残留争いしても、ガラガラでも、そんなこと関係なくFC岐阜が好きだ。 だが一つ、足りないものがあった。 そう、FC岐阜にはずっと正式…

2017.7.12 名古屋グランパスvsヴァンラーレ八戸

雷雨による中止を選手は、監督はどう捉えただろうか。 「このままやりたかった」「中止でホッとした」 もしかしたら名古屋は後者、八戸は前者の感想が多いのかもしれない。 「闘将」柱谷哲二の下、八戸はよく闘っていた。 試合開始早々、決定機を立て続けに…

2017.7.9 FC岐阜vs京都サンガ

「内容はそこまで悪くない」 そう思い続け、気が付けば10試合勝利なし。4月にはプレーオフまであと一息の8位につけていた順位も、降格圏が伸ばす手に絡みつかれそうな18位に。 このままいつもの定位置まで落ちてしまうのか、それとも這い上がるのか。非常に…

2017.6.21 名古屋グランパスvsSRC広島

リーグ戦3連敗。しかも全て逆転負けと、波に乗りきれないグランパス。 相手はSRC広島。中国リーグに所属するアマチュアクラブ。両チームの差は試合目の練習にも見て取れた。ピカピカの天皇杯の公式球で練習するグランパスに対し、使い込まれたボールで練習す…

モモ

グランパスが3連敗で8位転落。 岐阜も8試合勝利なしで16位に低迷と、空梅雨の青空とは裏腹に厳しい日々。 こんな時は猫に癒やされる必要があると思う。

2017.6.4 名古屋グランパス ファン感謝デー

2017.6.3 名古屋グランパスvsツエーゲン金沢

「年に一度あるかないかのプレーが二つも起きた」これが攻撃時のものであればこれ程興奮する試合もない。しかしこの日に見たものは守備陣の悲しすぎるミス。悪い意味で記憶に残る試合になってしまった。前半早々から作り出すいくつもの決定機。相手をかき回…

2017.5.7 FC岐阜vs大分トリニータ

「ゴール前を堅められると打開できない」 現在抱えている課題を露呈する一戦となった。

2017.5.3名古屋グランパスvs京都サンガ

2017年のJ2リーグ日程が発表された時、楽しみにしていた試合の内の一つがこの京都戦だった。 その期待はやはり本当に多くのサポーターが感じていたようで、名古屋グランパス史上2位となる36,755人が豊田スタジアムに駆け付けた。

2017.4.8 名古屋グランパスvsカマタマーレ讃岐

待ちわびていた。名古屋グランパスのゲームメイカー田口泰士の復帰を。

2017.3.19 FC岐阜vs横浜FC

「キングカズが岐阜にやってくる!」 長良川競技場に駆けつけた11,040人の中には、前節50歳でのゴールを決めた三浦知良を一目見たいという思いがあっただろう。

2017.3.4 名古屋グランパスvsFC岐阜

ついに実現してしまった名岐ダービー。 「実現してしまった」と表現したのは、この対決をできればJ2ではなく、J1の舞台で見たかったからだ。 実際クラブ側も「岐阜にだけは負けられない!」「何が何でも名古屋に勝つ!」というよりは「名古屋と岐阜で一緒に…

2017.2.26 名古屋グランパスvsファジアーノ岡山

「115日」 昨年11月3日に24年間守り続けてきたJ1の座から陥落して115日が経った。 ネガティヴな感情しかなかった。絶望、悲嘆、嘆息、鬱憤、後悔、そこにポジティブな要素が入り込む隙間なんか1ミリもなかった。 それでも前を向いた。クラブは体制を一新した…

FC岐阜 背番号17 野垣内俊

残留の喜びから一週間、サッカーを応援していて一番辛いのが契約満了。 FC岐阜からは26日時点で6人の退団がリリースされている。その中にはFC岐阜最古参の野垣内俊の名前が・・・。 契約満了選手のお知らせ 2016.11.25 契約満了選手のお知らせ 2016.11.26 ヴ…

2016.11.20 FC岐阜vs東京ヴェルディ

「勝てば他会場の結果に関係なく、自力で残留が決まる」 言葉にするのは簡単だが、この1年間その「勝つ」ことがことができなかった結果が今の順位。目の前の相手に集中するとはいっても、実際は他会場の経過も気になるところ。 最終戦を闘うのはサポーターも…

2016.11.6 FC岐阜vs横浜FC

名古屋グランパスのJ2降格に落ち込み、魂が抜け、悲しみに襲われた3日間。 気分転換に高山の天生峠の紅葉を見に行ったりもしたが、やはりサッカーで傷付いた心はサッカーでしか癒やせない。

2016.11.3 名古屋グランパスvs湘南ベルマーレ