赤緑猫

名古屋グランパスとFC岐阜と猫と

名古屋グランパス

2017.8.2 名古屋グランパスvsヴァンラーレ八戸

止まっていた時計が動き出した。 7月12日、雷雨により後半20分で中止になった名古屋グランパスvsヴァンラーレ八戸の再開試合。 スタジアムに到着すると、試合開始前だが時計は20分を指していた。 八戸が得点をあげない限り、たった25分しか行われない試合に…

2017.7.12 名古屋グランパスvsヴァンラーレ八戸

雷雨による中止を選手は、監督はどう捉えただろうか。 「このままやりたかった」「中止でホッとした」 もしかしたら名古屋は後者、八戸は前者の感想が多いのかもしれない。 「闘将」柱谷哲二の下、八戸はよく闘っていた。 試合開始早々、決定機を立て続けに…

2017.6.21 名古屋グランパスvsSRC広島

リーグ戦3連敗。しかも全て逆転負けと、波に乗りきれないグランパス。 相手はSRC広島。中国リーグに所属するアマチュアクラブ。両チームの差は試合目の練習にも見て取れた。ピカピカの天皇杯の公式球で練習するグランパスに対し、使い込まれたボールで練習す…

2017.6.4 名古屋グランパス ファン感謝デー

2017.6.3 名古屋グランパスvsツエーゲン金沢

「年に一度あるかないかのプレーが二つも起きた」これが攻撃時のものであればこれ程興奮する試合もない。しかしこの日に見たものは守備陣の悲しすぎるミス。悪い意味で記憶に残る試合になってしまった。前半早々から作り出すいくつもの決定機。相手をかき回…

2017.5.3名古屋グランパスvs京都サンガ

2017年のJ2リーグ日程が発表された時、楽しみにしていた試合の内の一つがこの京都戦だった。 その期待はやはり本当に多くのサポーターが感じていたようで、名古屋グランパス史上2位となる36,755人が豊田スタジアムに駆け付けた。

2017.4.8 名古屋グランパスvsカマタマーレ讃岐

待ちわびていた。名古屋グランパスのゲームメイカー田口泰士の復帰を。

2017.3.4 名古屋グランパスvsFC岐阜

ついに実現してしまった名岐ダービー。 「実現してしまった」と表現したのは、この対決をできればJ2ではなく、J1の舞台で見たかったからだ。 実際クラブ側も「岐阜にだけは負けられない!」「何が何でも名古屋に勝つ!」というよりは「名古屋と岐阜で一緒に…

2017.2.26 名古屋グランパスvsファジアーノ岡山

「115日」 昨年11月3日に24年間守り続けてきたJ1の座から陥落して115日が経った。 ネガティヴな感情しかなかった。絶望、悲嘆、嘆息、鬱憤、後悔、そこにポジティブな要素が入り込む隙間なんか1ミリもなかった。 それでも前を向いた。クラブは体制を一新した…

2016.11.3 名古屋グランパスvs湘南ベルマーレ

2016.10.29 名古屋グランパスvsヴィッセル神戸

「前節の敗戦で2ndシーズン優勝の可能性がなくなった」「レアンドロとニウトンが出場停止」「ペドロ・ジュニオールも病み上がりで万全ではない」そんなマイナス要素など一切関係なかった。一切付け込むことができなかった。それくらい完敗だった。しかも松下…

2016.10.1名古屋グランパスvsアビスパ福岡

勝てば降格圏を抜け出す可能性のある名古屋。 負ければ降格決定の可能性のある福岡。 勢いの差がはっきりと表れたゲームとなった。

2016.9.10名古屋グランパスvsアルビレックス新潟

1991年に設立された名古屋グランパス、その歴史の中で最も重要と言ってもいいかもしれない一戦。 舞台は新潟ビッグスワン。